VC・CVCの評価・評判一覧

Venture capital list

東京都の検索結果

一致する情報が見つかりませんでした。別のキーワードをお試しください。
  • 株式会社SXキャピタル

    2000年設立。現在は経営陣やコンサルティングファームのシグマクシスが出資するVC。未公開IT関連ベンチャー企業が投資対象。 シグマクシスによる経営戦略から、マーケティング、営業、PRコミュニケーション、人事、財務等の事業オペレーション等のサポートを受けられる。2017年...
    回答件数 ?
  • オリックス・キャピタル株式会社

    1983年設立。オリックス株式会社100%出資のVC。 投資残高26億円、累計投資社数1,674社、株式公開2社、累計株式公開295社(2019年)リードインベスターのポジションはあまり取ることはなく他社との乗り合い投資が多いがオリックスグループとのシナジー、ネットワーク...
    回答件数 ?
  • 株式会社環境エネルギー投資

    みずほFG系のファンドで経営陣は元興銀中心。 国内外の環境・エネルギー関連のサービス、テクノロジー分野で活躍するベンチャー企業への投資を主とする。 2008年に一合ファンドを設立して以来ファンド総額は4本で約350億を97社に投資。 アクティブなファンドは2024年満...
    回答件数 ?
  • 株式会社海外需要開拓支援機構

    別名クールジャパン機構。2013年設立。 代表は元CBC・ソニー(音楽分野)出身の北川直樹氏。日本の魅力ある商品・サービスの海外需要開拓に関連するあらゆる情報・リソースを活用し、BtoCビジネスの海外展開、波及効果にフォーカスした投資を行う。 投資中の案件一覧の分野とし...
    回答件数 ?
  • 株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ

    社会人教育を手掛けるグロービスのVC。1996年設立。2019年総額400億円の6号ファンド立ち上げ。 創業段階および成長段階の起業家・ベンチャー企業の方々に、事業資金の提供のみならず、企業成長のために必要となる人材、経営ノウハウ等、総合的に支援するハンズオン型。 平均...
    回答件数 ?
  • 株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ

    慶應義塾大学(80%)と野村證券(20%)によるVC。2016年7月に約45億円の1号ファンドを設立し19社に組入れ済み。 慶應義塾大学発案件に拘らず大学発ベンチャーへの投資も行っている。 2020年6月には2号ファンドの設立を開始、約60億円のコミットメントを得て最大...
    回答件数 ?
  • KDDI(KDDI Open Innovation Find)

    AI、IoT、ビッグデータなど、5G時代に重要性が高まる分野へシード期からシリーズBまで幅広く投資。運用規模200億。 グローバル・ブレインがGP。地方創生を推進する地元企業やベンチャー企業に投資する「KDDI Regional Initiatives Fund(約30憶...
    回答件数 ?
  • グローバル・ブレイン株式会社

    代表が富士銀行、シティバンクでプライベート・バンキング時代に大手不動産会社に携わった関係からスタート。 幅広い業種を対象とするが投資決定には1ヶ月半程度とスピード重視。息の長い投資を謳い上場後の成長支援も標榜しておりシード段階からプレIPO段階まで広いステージを狙っている...
    回答件数 ?
  • クオンタムリープ・キャピタル・パートナーズ株式会社

    2018年設立。出井伸之氏が出資、設立したクオンタムリープ株式会社のCEOが代表を務めるディープテック向けのVC。 2020年に1号ファンドとして滋賀銀行とともに地方創生ファンドを開始。グランフロント大阪の中核施設「ナレッジキャピタル」とも提携し会員制サロンを開始して知的...
    回答件数 ?
  • クオンタムリープベンチャーズ株式会社(QXLV)

    2019年に出井伸之氏が出資、設立したクオンタムリープ株式会社から元起業家である古谷健太郎氏が独立しスピンオフする形で設立。 新規事業立ち上げやグロース支援を行うスタートアップスタジオ事業の運営をしてきたがアフターコロナ時代のベンチャー企業を支援するために投資ファンドを2...
    回答件数 ?
  • オムロンベンチャーズ株式会社

    2014年設立。オムロン社100%出資のVC。2014年~2016年の3年間で30億円規模の投資を予定。 オムロンのコア技術であるSENSING & CONTROLと新たなテクノロジー・アイディアを融合し、自動化、ヘルスケア、スマートシティ分野の領域で新たな価値を共に創造...
    回答件数 ?
  • 株式会社QUANTUM

    2016年設立。博報堂系のスタートアップスタジオ。 博報堂グループのリソースを活用し大企業、スタートアップ企業など共同事業開発モデルであるコーポレート・アクセラレーターの企画・運営や、パートナー企業と共同での新規事業開発、独自の新規事業開発、スタートアップ企業への投資、共...
    回答件数 ?
  • 株式会社gumi ventures

    2012年設立。モバイルゲーム開発のgumiと新生銀行が組んだVC。 gumi創業者である国光氏も取締役として参加。モバイルエンタティンメント領域でアジア圏を中心としたスタートアップ~アーリー企業に特化した投資を行っているとのこと。 2号ファンドまで公表されており第2号...
    回答件数 ?
  • グローバルベンチャーキャピタル株式会社

    野村総研、JAFCOでアナリストをしていた長谷川博和氏が96年に創業。早稲田大学院教授も兼務する。 5年後のし上規模が500〜1000億市場を見越せる分野(医療・生命科学、情報通信、ニュー・コンシューマ、新素材活用等)で5年後のし上シェア30%獲得が狙える会社を対象にシー...
    回答件数 ?
  • Bonds Investment Group株式会社

    2013年業務開始。2つのファンドで累計140億円を運用中。 医療・ヘルスケア、建設、不動産、金融、HR等の分野を中心に55社以上のスタートアップ企業への投資を実行。 シリーズA・Bのアーリーステージのスタートアップを中心に、原則、リードインベスターとして、ハンズオンで...
    回答件数 ?